ライフネット生命の七つの特長を解説

ライフネット生命保険の公式ホームページを見ると、その魅力となる七つの特長を解説しています。
一番、目に付きやすいのは「保険料が安い」と「保険料の内訳を公開」の特長です。
「保険料が安い」のは、完全インターネット型の保険であるため、無駄な経費がかかっていないので、それを保険料に反映させることができます。
また保険料の内訳は、実は保険会社ではダークな部分です。
その「保険料の内訳を公開」では保険料を構成する価格を公開してくれることで、何に一番お金を掛けているかが理解しやすくなり、納得の行く側面をもたらします。
この二つは保険選びでも重要なポイントです。
また他の特長に「必要な保障にシンプルな保険」があり、対処できる保障内容は消費者が難しいというイメージが付き物となります。
それがシンプルであれば、保障内容も把握しやすくなるメリットも生まれ、顧客満足度も向上するのです。
「請求プロセスでお客さんの声を反映」では、医師の診断書を不要にしたり、各ページにログインを行い、24時間365日請求できる仕組みを実現しています。
請求手続きなどが簡素化されて、好評です。
「三つのコンタクトセンターで対応」と「お客さんと触れ合える場を大切」にしている取り組みも見られます。
「三つのコンタクトセンターで対応」では電話やメールで相談を行なうことができ、気軽にお問い合わせも可能です。
「お客さんと触れ合える場を大切」では、実際に社員と触れ合える場を開催したりするなど積極的に展開しています。
最後に「東証マザーズに上場」を果たしていますが、これはライフネット生命保険が市場でも評価される信用ある会社として安心できる保険会社として証明されるものです。