フッ素は歯医者で塗るといい事がある世田谷区

幼稚園の年長さんから小学校1、2年にかけて乳歯が抜け落ちます。最初はなにか歯茎がむずがゆくなり、そのうちに歯がぐらぐらしてきます。そして最後にもう歯の本来の機能である咀嚼能力がなくなる位の根の張り方になって手で簡単に歯を抜く事が出来ます。歯医者は乳歯の時から虫歯を防ぐように指導しています。乳歯はどうせ抜けてしまうんだから虫歯になったって構わないんじゃないかと思うのですが、世田谷区ではもっぱら歯医者で定期検診を薦めていて、口の中に虫歯菌を増やさないような指導を歯医者は行ないます。世田谷区の小学校では低学年の内から学校のかかりつけの世田谷区の歯医者の校医さんを学校に呼んで集団で歯医者による歯科検診が行なわれます。この定期検診は世田谷区では年に1回行なわれていて時によっては虫歯を防ぐフッ素という化学物質を歯の表面に塗布します。世田谷区では歯医者でのフッ素の塗布を検診のたびに塗布する事を推奨しています。