賃貸不動産経営管理士の資格を取るメリット

賃貸住宅の管理受託契約において非常に重要な役割を持っているのが賃貸不動産経営管理士です。
こちらは法改正によって登録事業者が貸主と管理受託契約を提携する際には有資格者がその書面を交付して契約内容を説明することになりました。
それ以外にも記名や押印なども主な業務になるため、ますます需要が増えていくと予想される資格となっているのです。

この賃貸不動産経営管理士を持っていることによって、不動産業者での活躍が見込めます。
法改正によって設置が義務付けられるため、賃貸物件の管理や仲介を行う業者にとっては必要不可欠な資格となるからです。
また、住宅を扱うハウスメーカーや建設業界など、直接賃貸物件を扱わないような企業であっても賃貸不動産の管理や経営に関する知識を持っていると証明できる資格を持っていることによって企画立案や土地の取得、完成建物の活用にどのような新しい取引をするのかなどの有効な提案をすることが出来ます。

不動産ココを運営する株式会社住宅新報では賃貸不動産経営管理士のウェブ講座や模擬試験を提供しています。
こちらは有名講師による講義となっているため非常に効率的に勉強をすることが出来ます。
さらに、ウェブ講義となっているため時間に余裕がない社会人であっても好きな時間を使って努力することが出来るのです。

詳しい情報はコチラ