福岡県で太陽光発電を取り入れるところが増えています。

太陽光発電と言えば、太陽のエネルギーを利用して発電することから、クリーンな発電方法として知られており、その導入が様々な場所で広がってきています。
たとえば、福岡県では会社の工場建物の屋上を利用して、企業が太陽光発電を行うことで、自ら使用する電力量を補っているところもあります。
また、個人家庭においても敷地や建物の屋上に発電システムを設置して、昼間に得た電力を夜間に利用するといった活用も進められています。
さらに、福岡県内の役所や学校などの公共施設にも、発電システムの設置が進められてきています。公共施設に発電システムを設置することで、住民の太陽光発電に対する興味や環境への関心を高めつつ、環境に配慮した街づくりを実現することが狙いです。